ハゼ科ミミズハゼ属 Luciogobius Gill, 1859 は, 体が前後方向に著しく延長し,それに伴い脊椎骨 数が多いこと,体が無鱗であること,および第 1 背鰭とその担鰭骨を欠くことなどの形態的特徴を も つ 間 隙 環 境 に 適 応 し た ハ ゼ 科 魚 類 で あ る (Yamada et al., 2009;渋川ほか,2019).本属魚類は, 日本を中心とした東アジアから 16 有効種が知ら れているが(渋川ほか,2019;Ikeda et al., 2019), 近年では藍澤(2006),Maeda et al. (2008),Yama- da et al. (2009),および渋川ほか(2019)などの 報告において本属に多くの未記載種が含まれるこ とが示唆されている. 著者らは鹿児島県のミミズハゼ属魚類相につ いて調査をおこなっており,その過程にて鹿児島 湾北西部(鹿児島市吉野町から姶良市脇元)の転 石海岸からキマイラミミズハゼ Luciogobius sp. 1 sensu Shibukawa et al., 2019,ヤリミミズハゼ L. platycephalus Shiogaki and Doutsu, 1976,およびナ ガミミズハゼ L. elongatus Regan, 1905 の 3 種を採 集した.これらのミミズハゼ属魚類は鹿児島県本 土からの初めての記録であり,特にキマイラミミ ズハゼはこれまで静岡県から得られた 2 標本のみ しか知られておらず(渋川ほか,2019),鹿児島 県から得られた本種の標本は 2 例目かつ分布の南 限記録となる.これらの記録は,本属魚類の分布 および生態を明らかにする上で有益であり,鹿児 島県の生物多様性を理解する上で重要と考えられ るため,ここに報告する.

鹿児島湾初記録のミミズハゼ属 3 種 (キマイラミミズハゼ ・ ヤリミミズハゼ ・ ナガミミズハゼ)(是枝伶旺・山下龍之丞・古𣘺龍星・斉藤洪成・本村浩之)