鹿児島県喜入町の愛宕川河口の干潟には,メ ヒルギ,ハマボウからなるマングローブ林が広 がっており,干潟表面にはアマオブネガイ科に属 するヒメカノコ(Clithon oualaniensis)が生息し ている.ヒメカノコは房総半島以南の河口泥上に 生息しており,球形で表面は平滑で光沢があり, 黄褐色の地色に縦縞と三角形の鱗模様がある.菊 池(2001)によってヒメカノコが 1 年生であると いうことが発見されたが,その生態の詳細はまだ 明らかにされていない.本研究ではヒメカノコの 交尾行動におけるサイズの相関はあるのかを明ら かにすることを主要な目的とした. 調査は愛宕川河口の支流にある干潟で毎月1 回大潮または中潮の日の干潮時に行なった.2010 年 12 月から 2011 年 12 月の期間において,25 × 25 のコドラートをマングローブ林の入口と奥と でそれぞれランダムに 4 カ所設置し,出現個体数 を記録した.またヒメカノコの殻長を 0.1 mm 単 位で測定した.さらに 2011 年の 6 月から 8 月の 期間において,交尾行動をしている個体を 50 ペ アランダムに採取し,上側の個体と下側の個体に 分けて,各個体の殻長を 0.1 mm 単位で測定した. マングローブ林の入口では 8 月までは 5 mm 以上 の個体が多く観察されたのに対し,9 月頃から 3 mm 前後の観察される個体の割合が増加したこと から 9 月に新規参入が起こったと考えられる.マ ングローブ林奥では年間通してグラフの形に大き な変化が見られず目立った新規加入も観察されな かった.また交尾行動をしている個体数を 50 × 50 のコドラートを用いて範囲内にいる全ての交 尾行動をしている個体数を測定したところ,6 月 が 23 ペア,7 月が 13 ペア,8 月が 10 ペアであっ た.各月とも交尾行動に弱い相関が見られ,この ことからヒメカノコはサイズ同類交配を行なって いると考えられ,雄か雌のどちらかに配偶者選択 行動があると考えられる.さらに,今回の研究に おいて,6 月から 8 月にかけて白い卵塊のような ものが観察されたが,これがヒメカノコのものか は今回の研究では特定できなかった.しかし,菊 池(2001)によると,ヒメカノコが 2 mm 程度の 大きさに成長するのに 3–4 ヶ月かかるとされ,本 研究においても交尾行動が 6 月頃から本格的に観 察され始め,9 月頃から 2 mm 程のヒメカノコが 多く観察されたことから,この白い卵塊がヒメカ ノコのものである可能性が高い.

ヒメカノコの交尾行動と殻サイズ分布の季節性変化(北迫大和・冨山清升)