ハゼ科ナンヨウボウズハゼ属 Stiphodon Weber, 1895 は両側回遊の生活史を送る小型の陸水性魚 類であり(Maeda, 2013;前田,2018),吻が丸く, 口が下位であること,上顎に櫛状の 3 尖頭の歯列 があること,下顎に皮質に被われた唇歯と犬歯状 歯(雌ではこれを欠く種もいる)があることなど の特徴をもつ(前田,2018).本属魚類はインド・ 太平洋から約 30 種が知られており,国内からは 7 種 が 確 認 さ れ て い る( 前 田,2018; 武 内, 2019).そのうちナンヨウボウズハゼ Stiphodon percnopterygionus Watson and Chen, 1998 は琉球列 島において比較的よくみられる普通種であり (Maeda, 2013),同列島では大隅諸島(種子島・ 屋久島・口永良部島),奄美群島(奄美大島・加 計呂麻島),沖縄諸島(沖縄島・久米島),および 八重山諸島(石垣島・西表島・与那国島)から記 録されていた(吉郷,2014). 2019 年 3 月に徳之島天城町湾屋川中流域にて 3 個体のナンヨウボウズハゼが採集された.これ らの標本は徳之島におけるナンヨウボウズハゼの 初めての記録となるため,ここに報告する.

徳之島初記録のナンヨウボウズハゼ(古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)