フトヘナタリ Cerithidea rhizophorarum (A. Ada- ms, 1855) は,東京湾以南,西太平洋各地に分布し, 潮間帯や内湾の干潟などの汽水域に生息する雌雄 異体の巻貝である.殻幅は 35–40 mm ほどで外観 は太く大きく,一般的に灰色や黒褐色をしている. また,成貝になると殻頂部が失われるのが特徴で ある.本研究では,フトヘナタリの個体群構造, サイズ頻度分布と個体数の季節変化,繁殖期およ び内部成長線を調査し,本個体の基本生活史を明 らかにすることを目的とした.また,同所的に生 息 す る ウ ミ ニ ナ Batillaria multiformis (Lischke, 1869) や ヘ ナ タ リ Cerithidea cingulate (Gmelin, 1790) の生態やこれらとの種間関係の調査も同時 に行い,比較・検討した.鹿児島市喜入町を流れ る愛宕川の河口干潟には,小規模ながらメヒルギ Kandelia candel やハマボウ Hibiscus hamabo から なるマングローブ林が広がっており,周辺の干潟 泥上には多くの巻貝類が生息している.調査は 2010 年 2 月から 2011 年 1 月までの期間に毎月 1 回,大潮または中潮の日の干潮時に上記干潟にて 行った.50 × 50 cm の方形区(コドラート)を干 潟上の任意の 3 地点に設置した後,その範囲内に 出現した全ての巻貝を採集し,サイズ測定用のサ ンプルとして持ち帰った.また,河口付近の別地 点にてフトヘナタリのみを幼貝から成貝まで毎月 30 個体ほど採集し,内部成長線観察用のサンプ ルとして同様に持ち帰った.採集した全ての巻貝 を冷凍保存した後に肉眼および顕微鏡で同定し, 出現個体数を記録した.サイズ測定用サンプルに おいて,フトヘナタリに関しては殻幅を,それ以 外の巻貝に関しては殻長を,ノギスを用いてそれ ぞれ 0.1 mm の精度で計測し,記録した.フトヘ ナタリは成貝になると殻頂部が失われることが多 いので,他の巻貝とは異なり殻幅を記録する.ま た,内部成長線観察用サンプルにおいては,さら に肉抜き・研磨・薬品処理による染色を施した後, 双眼実体顕微鏡により内部成長線を観察し,デジ タル顕微鏡により写真撮影を行った.その結果, フトヘナタリとウミニナに関しては,年間を通じ て各月の個体の出現傾向がよく似ており,どちら も 3–5 月にかけて,個体数が増加し,6 月になる と激減していた.しかし,ヘナタリに関しては, フトヘナタリやウミニナに比べて遥かに出現個体 数が少なく,各月の採集量は年間を通じて低い水 準を保っていた.

鹿児島県喜入干潟における巻貝相の生態学的研究(吉住嘉崇・冨山清升)