外来種とは自らの能力ではなく人為的に自然 分布域から分布域外へ移動させられた生物のこと を指し,特に国内に分布する生物がその生物の国 内の分布域外へ人為的に移動させられた生物のこ とを国内外来種という(松沢・瀬能,2008;瀬能, 2013).国内外来種は生物多様性の観点から問題 視されており,これまでにそれらの分布や生態系 への影響に関する様々な研究が行われてきた(例 えば Kurita et al., 2008;中島ほか,2008;日本魚 類学会自然保護委員会,2013).鹿児島県におい ても自然分布していなかったヤリタナゴ Tanakia lanceolata (Temminck and Schlegel, 1846) やイトモ ロコ Squalidus gracilis gracilis (Temminck and Sch- legel, 1846) が県内の各地から記録されており,在 来生物への影響が危惧されている(稲留・山本, 2012;池,2016;日比野ほか,2018). 2018 年 9 月と 2019 年 10 月に薩摩郡さつま町 川内川中流から 12 個体のハス Opsariichthys unci- rostris uncirostris (Temminck and Schlegel, 1846)(コ イ目:コイ科)が,2019 年の 6 月に薩摩郡さつ ま町川内川水系支流から 12 個体と 10 月に薩摩郡 さ つ ま 町 川 内 川 中 流 域 か ら 9 個 体 の ギ ギ Tachysurus nudiceps (Sauvage, 1883)( ナ マ ズ 目: ギギ科)が採集された.これら標本は両種の鹿児 島県における標本に基づく初めての記録となるた め,ここに報告する.

鹿児島県北西部の川内川水系における定着が確認された 国内外来魚 2 種 (ハスとギギ) の標本に基づく記録(古𣘺龍星・中村潤平・是枝伶旺・米沢俊彦・本村浩之)