イソハゼ属 Eviota Jenkins, 1903 はインド・太平 洋の温帯域から熱帯域に分布し,岩礁やサンゴ礁 を主な生息域とする小型のハゼ科魚類である(鈴 木ほか,2004).これまでに本属魚類は 118 有効 種が報告されており(Greenfield, 2017 ;Greenfield et al., 2018, 2019;Fujiwara et al., 2019),Fujiwara et al. (2019) により新たにアマミコイソハゼ Eviota amamiko Fujiwara, Suzuki and Motomura, 2019 が屋 久島,加計呂麻島および西表島から得られた 3 個 体の標本に基づき記載された. 2018 年 10 月に鹿児島県沖永良部島沖で採集さ れた 1 個体のイソハゼ属の標本が,アマミコイソ ハゼに同定された.本標本は,本種の沖永良部島 からの初記録となるためここに報告する.

沖永良部島から得られたアマミコイソハゼの記録(望月健太郎・松沼瑞樹)