フ サ カ サ ゴ 科 ネ ッ タ イ フ サ カ サ ゴ 属 Para- scorpaena Bleeker, 1876 はインド・太平洋に広く 分布する底生性魚類であり,涙骨後方棘が前下方 を向く,体側が円鱗で覆われるなどの形態的特徴 をもつ(Motomura et al., 2009).本属魚類は日本 から 4 有効種が知られており(本村ほか,2013), そのうちの 1 種チブルネッタイフサカサゴ Para- scorpaena aurita Rüppell, 1838 はインド・西太平洋 の熱帯・亜熱帯域に広く分布し,日本国内では屋 久島を北限とする琉球列島から記録されていた (Motomura et al., 2009). 2018 年 10 月から 12 月にかけて鹿児島県南九 州市頴娃町から 3 個体のネッタイフサカサゴ属魚 類が採集され,これらの標本は計数形質や体各部 の特徴からチブルネッタイフサカサゴに同定され た.これらは本種の九州沿岸からの標本に基づく 初記録であると同時に,本種の分布の北限を更新 する記録となる.また,鹿児島大学総合研究博物 館に所蔵されている標本を調査したところ,今ま で分布が確認されていなかった大隅諸島種子島と 奄美群島沖永良部島から得られたチブルネッタイ フサカサゴの標本を確認したため,これらをあわ せて報告する.

九州沿岸, 種子島, および沖永良部島から 初めて記録されたチブルネッタイフサカサゴ(古𣘺龍星・本村浩之)