ハゼ亜目魚類はツバサハゼ科,ドンコ科,カ ワアナゴ科,ヤナギハゼ科,ハゼ科,スナハゼ科, オオメワラスボ科,クロユリハゼ科,およびシラ スウオ科の 9 科を含み(明仁ほか,2013),主に 小型魚類で構成されるグループである.
鹿児島県薩摩半島西岸における魚類相調査で 採集されたハゼ亜目魚類標本を調査したところ, 本亜目 8 種の標本について,形態や色彩からミド リハゼ Eviota toshiyuki Greenfield and Randall, 2010 , セ ホ シ サ ン カ ク ハ ゼ Fusigobius duospilus Hoese and Reader, 1985,オオモンハゼ Gnatholepis anjerensis (Bleeker, 1851), ス ケ ロ ク ウ ミ タ ケ ハ ゼ Pleurosicya boldinghi Weber, 1913,アカスジウミ タケハゼ Pleurosicya micheli Fourmanoir, 1971,ア ワ セ イ ソ ハ ゼ Sueviota lachneri Winterbottom and Hoese, 1988, オ グ ロ ク ロ ユ リ ハ ゼ Ptereleotris heteroptera (Bleeker, 1855),およびイトマンクロ ユ リ ハ ゼ Ptereleotris microlepis (Bleeker, 1856) に 同定された.これらの種は過去の国内における記 録を網羅した明仁ほか(2013)や近年,九州沿岸 の魚類を扱った図鑑や目録[岩坪ほか(2016)(鹿 児島県薩摩半島南岸),Iwatsuki et al. (2017)(九 州東岸),岩坪・本村(2017)(鹿児島湾),小枝 ほか(2018)(鹿児島県大隅半島東岸),および村 瀬ほか(2019)(宮崎県)]にも掲載されておらず, 九州からの初記録となるためここに報告する.

鹿児島県薩摩半島西岸から得られた 九州初記録のハゼ亜目魚類 8 種(藤原恭司・鈴木寿之・本村浩之)