オヤニラミ属 Coreoperca Herzenstein, 1896 は東アジアのみに局所的に分布し,全 4 種が知られている(Cao and Liang, 2013).このうち,我が国には オ ヤ ニ ラ ミ Coreoperca kawamebari (Temminck and Schlegel, 1843) のみが自然分布する(Zhou et al., 1988).
著者らの調査によって,本来オヤニラミの生息しない宮崎県大淀川水系の 1 支流からオヤニラミ属に同定される 2 種が採集された.これらを精査したところ,1 種はオヤニラミに,もう 1 種はコウライオヤニラミ Coreoperca herzi Herzenstein, 1896 に同定された.本稿ではこのうちのコウライオヤニラミについて詳細な形態を記載するとともに,その生息状況についてはオヤニラミと合わせて報告する.

宮崎県大淀川水系から得られた オヤニラミ属魚類コウライオヤニラミ(日比野友亮・田口智也・岩田一夫・古𣘺龍星)