ハタ科マハタ属魚類(Serranidae: Epinephelus)は日本国内から 44 種が知られていたが(瀬能,2013;藤原ほか,2015; Nakamura et al., 2018),最近, 日 本 産 ア オ ハ タ モ ド キ Epinephelus stictus Randall and Allen, 1987 が誤同定に基づく記録であることが明らかになり(Frable et al., 2018),日本産本属は 43 種となる.そのうち 23 種が屋久島から報告されている(Motomura et al., 2010; Moto-mura and Harazaki, 2017).2018 年 6 月 10 日に屋久島の一湊沖水深 20 mでマハタ属魚類の幼魚の水中写真が撮影された.水中写真の個体は,色彩や体側の模様からイヤゴハ タ Epinephelus poecilonotus (Temminck and Sch-legel, 1843) と カ ケ ハ シ ハ タ Epinephelus radiatus (Day, 1868) に類似するが,両種の中間的な色彩を併せもち,2 種の交雑個体であると考えられた.本研究では,この水中写真の個体から得られた知見をここに報告する.

屋久島で撮影されたイヤゴハタとカケハシハタの交雑個体 (中村潤平・高久至・畑晴陵・本村浩之)