モンガラカワハギ科オキハギ属魚類 Abalistesはインド・西太平洋の暖海に広く分布し,長らくオキハギ Abalistes stellatus (Anonymous, 1798) 1 種か ら の み な る と 考 え ら れ て い た(Matsuura, 2001).しかし,近年,本属には 2 種が含まれることが確認され,もう 1 種はイトヒキオキハギAbalistes filamentosus Matsuura and Yoshino, 2004 として記載された.オキハギは琉球列島や東南アジアにおいては大量に漁獲され,食用魚として盛んに利用されるが(Matsuura, 2001),鹿児島県における記録は少なく,笠沙と屋久島からの写真に基づくもののみに限られていた(Motomura and Harazaki, 2017;公益財団法人鹿児島市水族館公社,2018).2018 年 9 月 12 日,大隅半島東岸に位置する内之浦湾において,1 個体のオキハギが採集された.本標本は本種の九州沿岸と鹿児島県における標本に基づく初めての記録となるため,ここに報告する.

大隅半島東岸の内之浦湾から得られた 九州沿岸初記録のモンガラカワハギ科魚類オキハギ (畑晴陵・本村浩之)