アジ科魚類 Carangidae は太平洋,インド洋,大西洋の熱帯から温帯域に広く分布し,世界各地で重要な食用魚となっている.本科魚類はこれまで約 30 属 147 種が知られており(Nelson et al., 2016),このうち日本からは 24 属 61 種が知られている(宮本ほか,2011;瀬能,2013;岩坪ほか,2016).本州中部,太平洋に面する三重県ではこれまで 22 属 39 種の分布が知られていた(瀬能,2013).三重大学大学院生物資源学研究科水産実験所ならびに三重県水産研究所による本県の魚類調査の課程で,これまで記録のなかったイトウオニヒラアジ Caranx heberi (Bennett, 1830),ミナミギンガ メ ア ジ Caranx tille Cuvier, 1833, サ ク ラ ア ジDecapterus smithvanizi Kimura, Katahira and Kuriiwa, 2013, お よ び イ ン ド オ キ ア ジ Uraspis uraspis (Günther, 1860) が 2007 年から 2017 年にかけて採集された.これらの標本は三重県における初記録ならびにそれぞれの種の分布の北限記録となるため,ここに報告する.

三重県初記録ならびに分布北限記録更新のアジ科魚類 4 種(宿女太志・岡田誠・笹木大地・木村清志)