ハタ科ハナダイ亜科( Serranidae: Anthiadinae )に属するイッテンサクラダイ属 Odontanthias Blee-ker, 1873 は,背鰭条数が 10 棘 12–19 軟条,臀鰭軟条数が 7–8 (通常 7 ),背鰭棘の後側に沿う鰭膜の先端に遊離した伸長部がある,背鰭軟条の 1 本以上が糸状に伸長する(短く目立たない場合もある),前鰓蓋後縁は鋸歯状で隅角部に大きな棘または鋸歯がある,舌上に歯板がある,および尾鰭が 二 叉 型 で あ る こ と な ど で 特 徴 づ け ら れ る( Randall and Heemstra, 2006 ; White, 2011 ; 瀬 能,2013 ).イッテンサクラダイ属魚類は水深 50–400 m の比較的深場の岩礁域に生息しており,トロールや一本釣りで稀に漁獲される程度で,各種の分布状況に関する報告も散発的で少ない.本属魚類はインド・太平洋の熱帯から温帯域にかけて 14 有効種が知られている( Randall and Heemstra, 2006 ; White, 2011 ).そのうち,日本国内からは,マダラハナダイ O. borbonius (Valen-ciennes, 1828) , ハ タ タ テ ダ イ O. flagris Yoshino and Araga, 1975 ,バラハナダイ O. katayamai (Ran-dall, Maugé and Plessis, 1979) ,ボロサクラダイ O. rhodopeplus (Günther, 1872) ,およびイッテンサクラダイ O. unimaculatus (Tanaka, 1917) の 5 種が記録されている(瀬能, 2013 ).鹿児島県における魚類相調査の過程で,大隅諸島黒島沖からトカラ列島平島北西沖にかけての海域から 8 個体(体長 116.8–158.6 mm )のイッテンサクラダイが採集された.これらの標本は鹿児島県における本種の初記録であるため,ここに報告する.

鹿児島県初記録のハタ科魚類イッテンサクラダイ(田代郷国・高山真由美・本村浩之)