トカラ列島は,鹿児島県の屋久島と奄美大島の間に位置し,有人島 7 島,無人島 5 島からなる島々にて構成されている.これらの島々は,日本本土と奄美大島,沖縄,東南アジア地域を行き来する鳥類にとって,季節的な渡りを行う際の重要な中継地と考えられている(関ほか, 2011 ).トカラ列島の中でも定期便が就航している有人島では,鳥類も含め動植物を対象とした調査が比較的行われている(例えば鹿児島県, 1991 ).一方,臥蛇島は,以前は人の生活が営まれていたが, 1970 年(昭和 45 年)に集団移転によって無人島化し,定期船も廃止された(十島村, 1995 ).その後島へ渡航するには船をチャーターする必要があり,容易には行くことができなくなった.その結果,渡航機会が少なく現地の生物相を調べる機会も限られている.鳥類もこれまで臥蛇島の記録は,非常に限られていた.しかしながら, 2011 年にこれまでのトカラ列島での鳥類相の記録が整理され(関ほか,2011 ),その翌年には,自動記録装置による長期的な調査も行われている(関, 2012 ).そのため,徐々にではあるが臥蛇島で記録が充実しつつある.今回,臥蛇島で鳥類相調査を実施し,これまでに記録のない種も確認された.鳥類相の情報蓄積として残すべくここに報告する.

トカラ列島臥蛇島の鳥類相(稲留陽尉・外園九十九・宮﨑泰子・江嵜正裕・鹿児島県環境林務部自然保護課)