シスズメダイ科魚類 Chromis albicauda Allen and Erdmann, 2009 , Chromis analis (Cuvier in Cuvier and Valenciennes, 1830) ,および Chromis xouthos Allen and Erdmann, 2005 は,体高が高く体は丸みを帯びること,背鰭棘数が 13 であること,および成魚は体が黄系色を呈することなどの特徴を共有し,互に酷似するため,日本国内では長らく混同されていた(岩坪・本村, 2010, 2016 ).岩坪・本村( 2010 )は標本に基づき,国内から C. albicauda を報告し,標準和名コガネスズメダイを適用した.その後,岩坪・本村( 2016 )は,岩坪・本村( 2010 )が C. analis と同定し,標準和名ヒマワリスズメダイ提唱の基準とした標本( KAUM–I. 29566 ,体長 95.9 mm )を C. xouthos に同定した.それと同時に,八重山諸島西表島から得られた C. analis の標本( OMNH-P 34155 ,体長 96.0 mm )に基づき,標準和名タンポポスズメダイを提唱した(岩坪・本村,2016 ).したがって,標準和名と学名の対応は,コガネスズメダイ C. albicauda ,タンポポスズメダ イ C. analis , お よ び ヒ マ ワ リ ス ズ メ ダ イ C. xouthos となった.タンポポスズメダイは,国内からは八重山諸島西表島からのみ記録されていた(加藤, 2011 ;岩坪・本村, 2016 ).しかし, 2005 年 3 月 27 日に大隅諸島屋久島の一湊沖水深 25m で撮影されたスズメダイ属魚類の水中写真が,タンポポスズメダイに同定された.この写真は本種の北限更新記録となるため,ここに報告する.

タンポポスズメダイの水中写真に基づく屋久島からの記録(岩坪洸樹・原崎森・本村浩之)