フエフキダイ科フエフキダイ属 Lethrinus は頬部が無鱗であること,胸鰭軟条数が 13 であること,背鰭軟条数が 8 であること,および臀鰭軟条数が 9 であることなどにより特徴づけられる( Carpenter and Allen, 1989; Carpenter, 2001 ).本属は日本からは 19 種が知られ(島田, 2013 ),鹿児島 県 か ら は ア マ ク チ ビ L. erythracanthus Valenciennes, 1830 , ハ ナ フ エ フ キ L. ornatus Valenciennes, 1830 ,およびヤエヤマフエフキ L. reticulatus Valenciennes, 1830 の 3 種を除く 16 種の分布が確認されていた( Motomura et al., 2010 ;島田, 2013 ; 目 黒, 2013 ; 木 村, 2014 ; 畑 ほ か,2015 ;小枝ほか, 2016 ;萬代ほか, 2017 ;畑・本村,2017; Motomura and Harazaki, 2017 ;小枝, 2017 ).アマクチビはこれまで日本国内において沖縄県からのみ記録されており(島田, 2013 ), 2017年に環境省版海洋魚類レッドリストにおいて準絶滅危惧種に指定された. 2017 年 9 月 29 日,トカラ列島宝島近海から 1 個体のアマクチビが得られた.本標本は鹿児島県におけるアマクチビの標本に基づく初めての記録となると同時に分布の北限を更新する記録となるため,ここに報告する.

トカラ列島から得られた鹿児島県初記録および北限記録の 準絶滅危惧種アマクチビ (スズキ目 : フエフキダイ科)(畑晴陵・大富潤・本村浩之)