鹿児島市桜島の袴腰海岸にはムラサキクルマ ナマコ Polycheira rufenscens (Brandt) が生息してお り,このムラサキクルマナマコのサイズ頻度分布 と性比の季節変化を 2010 年 12 月から 2011 年 12 月の一年間追うことによって,鹿児島市桜島袴腰 海岸に生息するムラサキクルマナマコの繁殖の起 こる時期と,個体の体の大きさと性別の相関関係 の有無を明らかにした. サイズ頻度分布調査は,ムラサキクルマナマ コを毎月 100 匹以上調査地で採集し,体長と体幅 を測定してその体積を算出した.頻度分布は一年 間どの月でも似た山の形となり,新規加入と推測 される個体の山は確認されなかった. 性比については,各月 40 匹程度の個体を解剖 して顕微鏡による生殖巣の観察を行い,卵の確認 できたものを雌,卵の確認できなかったものを雄, 生殖巣自体が判別できなかったものを判別不能と して処理した.各月の性比を比較すると,6月に 雌の比率が急激に増加し 8 月まで雌が存在した が,その他の月では雌は見られなかった.また, 生殖巣の発達については 4 月から 8 月にかけての 期間が顕著であり,それ以外の月では萎縮しほと んどが判別不能であった. サイズ頻度分布の季節変動については新規加 入が見られなかったため,体の小さい成体は生息 地が他の個体と異なると提案された.また,季節 変動も無かったことから性別と体の大きさには相 関関係がないと言える.性比については,4月か ら8月にかけて生殖巣が発達し,4 月から 5 月に かけて成熟した雄が増加していることから,この 雄の一部が性転換することで 6 月に雌が出現した と考えることが可能である.6 月に雌が出現し, 9 月にはほとんどの個体が放卵・放精を終えたと 考えられるため,6 月から 8 月の間が桜島袴腰海 岸における本種の繁殖期であると言える.

鹿児島湾桜島袴腰の転石海岸における ムラサキクルマナマコの生活史(原井美波・冨山清升)