陸産貝類は,他の動物と比較すると,移動能 力が著しく低いため,狭い範囲内においても種分 化が起こりやすい.鹿児島県は南北に約 600 km の県土を有し,九州島の本土と多くの離島で形成 されている.特に離島では,本土と比較して自然 豊かであり気候にも恵まれ,様々な動植物が存在 している.そのため,離島は様々な動植物におい て研究対象にされたりしているが,本土において は,未だに詳細な調査が行われていない.そこで, 本研究では,環境の影響を受けやすいという生態 的性質をもつことから,森林環境における指標動 物として利用できる陸産貝類に焦点を当て,多様 性や地点間の相違点を探るためにも,分布調査を 行った. 本調査は,鹿児島県枕崎市の神社や公園の自 然林 11 地点を対象にして陸産貝類の採集を行っ た.採集は,主に落ち葉の下や土壌上,樹上,朽 木周辺を中心に行う見つけ取りと,微小貝を採集 するために各地点の落ち葉を含む土壌を約 500ml 持ち帰り,同定をする上で必要な処理をし,同定 後,種別に殻はチャック付きポリ袋,軟体部はエ タノール中に保存した.そして,採集したデータ をもとに種別,個体数のリストを作成し,各地点 の多様度指数や類似度指数を求め,群平均法を用 いてデンドログラムを作成した. 11 地点における調査の結果,計 7 科 12 属 14 種, 412 個体の陸産貝類を採集した.11 地点のうち, 最も多くの種数が採集されたのは瀬戸公園の 7 種 類であった.最も種数が少なかったのは,妙見神 社と片平山公園の 3 種類であった.個体数におい ては,最も多く採集されたのは,枕崎神社の 73 個体であった.最も個体数が少なかったのは,津 留神社の 7 個体であった.

鹿児島県枕崎市の陸産貝類相の生物地理学的分析(東中川荘・冨山清升)