鹿児島県は,南北に広大な土地を有し,多種 多様な生態系が見られ,生物が分布している.そ の中で,陸産貝類は乏しい移動能力のため,独自 の気候に適した固有種が多く発見されてきた.鹿 児島県の離島は本土とは異なった気候を有してい るため,詳細な調査を行い多くの固有種が生息し ていることが分かっている.しかしながら,鹿児 島市周辺は自然度に乏しいと見なされ,見過ごさ れてきたため,詳細な調査が行われてこなかった. そこで,本研究は,鹿児島市の北部に位置する八 重山,郡山,吉田,吉野を主な調査地として,陸 産貝類相の調査を行い,特徴や類似点,相違点を 明らかにすることを目的とした. 本調査は,2016 年 4 月から 12 月にかけて 13 地点でサンプリング調査を行った.採取は主に見 つけ取りで行い,落葉内部や樹幹を 1 時間程度探 した.微小貝については,見つけ取りで採取が困 難なため,土壌を約 500ml 採取し,研究室に持 ち帰り,乾燥機,ふるいにかけ,双眼実体顕微鏡 を用いて採取を行った.その後,水で十分に洗浄 し乾燥させ,種の同定を行い保存した.採取でき た陸産貝類をもとに多様度指数,類似度指数を算 出した.その後,他地点との類似性を分かりやす くするために,類似度指数を使い,クラスター分 析を用いてデンドログラムを作成した. 調査の結果,2 目 11 科 19 属 19 種の陸産貝類 が採取できた.その中で,吉田運動場で種数,個 体数ともに最も多くを記録し,八重山公園,花尾 神社では最も少ない種数,寺山公園で最も少ない 個体数を記録した.算出した多様度指数は吉野公 園が最も高く,八重山公園,花尾神社で最も低い 結果となった.花尾神社は調査を行った他の 12 地点と比べデンドログラムから最も異なった環境 となっていることが分かった.

鹿児島市北部における陸産貝類の分布(君付雄大・冨山清升)