ヒメウズラタマキビガイ Littoraria (Littorinposis) intermedia (Philippi, 1846) は タ マ キ ビ ガ イ 科 Littorinidae に属する雌雄異体の巻き貝である.タ マキビガイ科は日本で 8 属 19 種が確認されてい る.ヒメウズラタマキビガイはウズラタマキビガ イ Littoraria scabra (Linnaeus, 1758) の亜種で,フィ リピンのネグロス島の Jimamalian を模式産地と して記載された.ウズラタマキビガイに似るが周 縁の角張りが弱く,軸唇は紫色で,縫合の下の螺 肋が強いこと,殻頂部でも螺層表面に螺肋が強い ことで区別され,紀伊半島以南のインド・西太平 洋,潮間帯,マングローブや内湾の岩礁上に生息 する.日本では瀬戸内海や有明海などの内湾の岩 礁や礫の間などに生息し,乾燥に対して耐久性が 強い.本種の基礎生態を解析した報告例はこれま でほとんどなく不明な点が多い.本研究では,鹿 児島湾喜入町愛宕川河口干潟及び祗園之州海岸に おいて,ヒメウズラタマキビガイの殻幅サイズ頻 度分布の季節変動を明らかにし,生活史を検討す ることを目的とした.さらに,環境攪乱の異なる 2 つの調査地での生活史を比較して攪乱の影響を 考察し,垂直分布により季節ごとに生息場所がど のように移り変わるのかを明らかにする調査を 行った.

鹿児島湾におけるヒメウズラタマキビ Littoraria (Littorinsis) intermedia (Philippi, 1846) の生息地による生活史の比較(河野尚美・冨山清升・今村留美子・国村真希)