ヘ ビ ギ ン ポ 科 ヒ メ ギ ン ポ 属(Tripterygiidae: Springerichthys Shen, 1994)は,第 1 背鰭棘数が 3, 臀鰭棘数が 2,側線が 2 本で,側線鱗列は前方が 有孔鱗,後方が欠刻鱗からなる,頭部,腹部,お よび胸鰭基底前方が無鱗であることなどから特徴 づけられ(Shen, 1994; Fricke, 1997),西太平洋か らヒメギンポ Springerichthys bapturus (Jordan and Snyder, 1902) と S. kulbickii (Fricke and Randall, 1994) の 2 種 が 認 め ら れ て い る(Fricke, 1997). そのうち国内にはヒメギンポ S. bapturus のみが 分布し,北海道南部から九州南岸にかけて報告さ れている(Fricke, 1997;林,2013). 鹿児島県における魚類相調査の過程で甑島列 島中甑島と上甑島,薩摩半島坊津,および大隅諸 島種子島からヒメギンポに同定される 9 個体(体 長 27.3–52.6 mm)が採集された.本研究では本 種の国内分布南限域である鹿児島県における分布 情報の蓄積のため,これらの標本を記載し,ここ に報告する.なお,種子島産の個体はヒメギンポ の大隅諸島における初記録であると同時に国内に おける南限記録である.また,本種の形態におけ る性的二型について,鹿児島県外産の標本を含め て検討を行ったところ,新たな知見が得られたた め合わせて報告する.

ヘビギンポ科ヒメギンポの鹿児島県における 分布状況と性的二型に関する形態学的知見(田代郷国・本村浩之)