イサキ科ヒゲダイ属 Hapalogenys は,下顎の先 端が多数の細かい肉質皮弁に被われること,およ び背鰭起部前方に前向棘を有することなどで特徴 付 け ら れ る(McKay, 2001; Iwatsuki and Russell, 2006).本属魚類は日本からはセトダイ H. analis Richardson, 1845, シ マ セ ト ダ イ H. kishinouyei Smith and Pope, 1906,ヒゲソリダイ H. nigripinnis Temminck and Schlegel, 1843,およびヒゲダイ H. sennin Iwatsuki and Nakabo, 2005 の 4 種が報告さ れており(島田,2013),その全種が鹿児島県か ら記録されている(今井・中原,1969;並田, 1977;畑ほか,2012;畑・本村,2016). 鹿児島県内におけるヒゲダイの記録はこれま で,本土からのものに限られていた(今井・中原, 1969; 鹿 児 島 県 衛 生 研 究 所,1986; 畑 ほ か, 2012).種子島における魚類相調査の過程で,2 個体のヒゲダイが採集された.これらの標本は本 種の大隅諸島における初めての記録となるため, ここに報告する.

種子島から得られたイサキ科魚類ヒゲダイ(畑晴陵・高山真由美・本村浩之)