アジ科コバンアジ属 Trachinotus は,側線に稜 鱗が発達しない,背鰭と臀鰭がともに前方に遊離 棘をそなえる,下顎には歯が無いか,絨毛状歯を そなえる,上唇が深い溝によって吻部と隔てられ る,尾柄部の体背面と体腹面に溝が無い,などの 特徴をもち(Suzuki, 1962; Gushiken, 1983; Smith- Vaniz, 1999; Lin and Shao, 1999),日本からはコバ ンアジ T. baillonii (Lacepède, 1801),マルコバン T. blochii (Lacepède, 1801),およびコガネマルコバン T. mookalee Cuvier, 1832 の 3 種が知られている(瀬 能,2013). 鹿児島県においてはこれらのうちコバンアジ とマルコバンの 2 種の分布が確認されているが ( 市 川 ほ か,1992; Motomura et al., 2010; 瀬 能, 2013;武内,2014),マルコバンの記録は笠沙, 屋久島,種子島,および与論島からのものに限ら れていた(市川ほか,1992;財団法人鹿児島市水 族 館 公 社,2008; Motomura et al., 2010; 瀬 能, 2013; 武 内,2014; 鏑 木,2016; Motomura and Harazaki, 2017). 2015 年 10 月 27 日に鹿児島湾央部において 1 個体のマルコバンが採集された.本標本は鹿児島 湾における本種の標本に基づく初めての記録とな るため,ここに報告する.

鹿児島湾から得られたアジ科魚類マルコバンの記録(畑晴陵・本村浩之)