トビウオ科 Exocoetidae は日本国内からハマト ビウオ属 Cypselurus,オキトビ属 Danichthys,イ ダテントビウオ属 Exocoetus,ニノジトビウオ属 Hirundichthys,サヨリトビウオ属 Oxyporhamphus, ツマリトビウオ属 Parexocoetus,およびダルマト ビ属 Prognichthys の 7 属が知られており,31 種が 記録されている(藍澤・土居内,2013).このうち, ハマトビウオ属 Cypselurus は,側線に胸部分枝が ない,胸鰭が長く,その後端は臀鰭基底後端に達 する,腹鰭が長く,畳んだ後端は臀鰭起部を越え る,臀鰭起部が背鰭第 3 軟条基部直下または後方 に位置する,背鰭軟条が臀鰭軟条より 2–5 本多い, および胸鰭軟条の上部 2–3 本が不分枝であること などの特徴をもち,日本産トビウオ科魚類 31 種 のうち 19 種が本属に含まれる(藍澤・土居内, 2013). 2015 年 6 月 23 日に鹿児島県枕崎市から 1 個体 のハマトビウオ属魚類が第 3 著者の岩坪らによっ て採集された.この標本(KAUM–I. 200113,体 長 272.7 mm)を精査したところ,計数形質や色 彩 な ど か ら チ ャ バ ネ ト ビ ウ オ Cypselurus spilonotopterus (Bleeker, 1865) に同定された. 畑・本村(2014)は鹿児島県肝属郡肝付町内之浦 湾から得られた 1 標本(KAUM–I. 56768,体長 89.3 mm)に基づき,チャバネトビウオ C. spilonotopterus を鹿児島県本土から初めて報告した.しかし,本 研究で同標本を再検討したところ彼らの報告した チャバネトビウオはアリアケトビウオ C. starksi Abe, 1953 の誤同定であることが明らかになった. したがって,枕崎市産 C. spilonotopterus の標本は 鹿児島県本土からの初記録になる. また,トビウオ科魚類の標本調査の過程で,鹿 児島県南さつま市笠沙町から得られた 5 個体のシ ロフチトビウオ Cypselurus furcatus (Mitchill, 1815) に同定される標本がみつかった.現在,鹿児島県 における C. furcatus の記録は屋久島のみであるた め(Motomura et al., 2010;藍澤・土居内,2013; Motomura and Harazaki, 2017),シロフチトビウオ C. furcatus も鹿児島本土からの初記録としてここ に報告する.

トビウオ科魚類シロフチトビウオと チャバネトビウオの鹿児島県本土からの初記録(藤原恭司・伊東正英・岩坪洸樹・本村浩之)