ト ウ ゴ ロ ウ イ ワ シ 科 ギ ン イ ソ イ ワ シ 属 Hypoatherina 魚類は前上顎骨上向突起が細長く, その長さは幅の 2.7 倍以上であること,前上顎骨側 方突起は前後に分れ狭く高いこと,前上顎骨後縁 は細くならないこと,歯骨上縁の後端は明瞭に隆 起すること,歯骨上枝後下角は丸いこと,前鰓蓋 骨隆起縁隅角部に欠刻があること,肛門は腹鰭先 端直前から後方に位置すること,体側第 3 鱗列露 出部の高さは第 2,第 4 鱗列より高いかほぼ同じで あることにより特徴づけられ,現在 10 有効種が知 られている(Sasaki and Kimura, 2014).このうち日 本 に は オ オ ス ジ イ ソ イ ワ シ Hypoatherina barnesi Schultz in Schultz et al., 1953,オキナワトウゴロウ Hypoatherina lunata Sasaki and Kimura, 2012,トガ リ イ ソ イ ワ シ Hypoatherina panatera (Jordan and Richardson, 1908), ミ ナ ミ ギ ン イ ソ イ ワ シ Hypoatherina temminckii (Bleeker, 1854),ギンイソ イ ワ シ Hypoatherina tsurugae (Jordan and Starks, 1901) の 5 種が分布している(Sasaki and Kimura, 2014). オオスジイソイワシは Sasaki and Kimura(2014) によって日本における分布が明らかにされ,これ までは奄美群島を含む琉球列島からのみ知られて いた.2016 年 10 月 3 日から 11 日にかけて広島 大学生物生産学部附属練習船豊潮丸を用いて,大 隅諸島口永良部島で行われた魚類相調査で 9 個体 のオオスジイソイワシが採集された.これらの標 本は大隅諸島における本種の標本に基づく初記録 であると同時に,本種の北限記録となるのでここ に報告する.

口永良部島から得られたトウゴロウイワシ科魚類 オオスジイソイワシHypoatherina barnesi(松尾怜・木村清志)