イサキ科 Haemulidae は日本近海には 5 属 21 種 が分布しており(島田,2013;Hata et al., 2015), このうち 11 種がコショウダイ属 Plectorhinchus に 含 ま れ る( 島 田,2013).Plectorhinchus unicolor は Macleay (1883) によって,パプアニューギニア・ チ ャ イ ナ 海 峡 か ら 得 ら れ た 標 本 に 基 づ き Diagramma unicolor と し て 新 種 記 載 さ れ た (Johnson and Wilmer, 2015). そ の 後,P. unicolor は P. schotaf (Walbaum, 1792) として扱われること が多かった(例えば McKay, 2001;島田,2013)が, Johnson and Wilmer(2015)によって前者は有効 種とされるとともに,日本近海で P. schotaf の学 名が適用されていたものは P. unicolor であるとさ れた.なお,標準和名エリアカコショウダイは赤 崎(1984)が P. schotaf(現在の P. unicolor)を土 佐湾と琉球列島から報告した際に提唱された.現 在,エリアカコショウダイの国内における分布は 土佐湾,宮崎県日南市目井津,大隅諸島種子島と 馬 毛 島 お よ び 琉 球 列 島 と さ れ て い る( 赤 崎, 1984; 島 田,2013; 畑 ほ か,2014; Johnson and Wilmer, 2015). 2014 年 12 月 29 日に鹿児島県大隅半島東岸(肝 属郡肝付町内之浦湾)から,2015 年 8 月 18 日に 奄美大島からそれぞれ 1 個体ずつエリアカコショ ウダイが採集された.本標本は鹿児島県本土およ び奄美大島における本種の標本に基づく初めての 記録となるため,ここに報告する.

鹿児島県大隅半島東岸と奄美大島から得られたイサキ科魚類 エリアカコショウダイ Plectorhinchus unicolor(畑晴陵・山田守彦・前川隆則・本村浩之)