日本列島の南西端に位置する鹿児島県では,こ れまで離島の多くで陸産貝類の分布調査の研究が 行われてきたが,県本土での詳しい生物地理学的 な分布調査の研究はほとんど行われていない.そ こで本研究は薩摩半島南部に焦点を当て,11 地 点での分布調査を行い,陸産貝類相を明らかにす ることを目的とした.調査は見つけ取りと土をふ るう手法を用いて行い,必要な処理を行った後, 同定,データ処理をし,まとめた. 調査の結果,鹿児島県薩摩半島南部に設置し た 11 地点において,11 科 26 属 34 種の合計 694 個体の陸産貝類を採集した.最も多くの種がみつ かったのは南さつま地域で 22 種,最も少なかっ たのは坊津地域で 4 種のみだった.5 地点以上で 出現した種は 9 種であったが,1 地点でのみ出現 した種は 15 種であった. 今回の調査結果から,11 地点中 10 地点で見ら れたアズキガイ Pupinella (Pupinopsis) rufa とタカ チホマイマイタカチホマイマイ Euhadra herklotsi nesiotica は南薩地域でのほとんどで生息している 広い分布様式を持つ種と考えられる.また,最も 種が見られた南さつま地域のような,ある程度人 の手が入りやすい民家付近で陸産貝類は多く見つ かり,反対に最も種数が少なかった坊津地域のよ うな,人の手が入らない山の中や海に近い乾燥し た土壌であるところではあまりみられない.しか し,類似性の面では,全地点間での類似性にあま り違いはない.また,希少性の面では,喜入北部, 南さつま,鹿児島市福元町地域の点数が高く,絶 滅危惧種の生息可能な地域と考えられる.今後は, もっと範囲を限定し,環境や植生などにも着目し た分布調査を行っていく必要がある.

鹿児島県薩摩半島南部における陸産貝類の分布(竹平志穂・今村隼人・坂井礼子・中山弘章・鮒田理人・冨山清升)