東シナ海の魚類相に関する研究は,沖縄舟状 海盆とその周辺海域で採集された魚類を報告した 岡村・北島(1984)や琉球列島周辺の底生魚類を 報告した Shinohara et al. (2005),東シナ海全域と 黄海でみられる主に水産有用種をあつかった山田 ほか(2007)などがある.九州周辺については, 古橋ほか(2010)が長崎県南西沖の東シナ海大陸 棚斜面域から 60 科 127 種の底生魚類を記録した ほ か, 小 沢(1983) が 鹿 児 島 県 枕 崎 沖 の 水 深 300–400 m から得られた 111 種の魚類を報告して いる.九州周辺海域の大陸棚斜面に生息する底生 魚類の記録は少なく,とくに鹿児島県が位置する 九州南西部周辺からの記録は,前述の小沢(1983) に限られる. 2013 年 7 月に鹿児島県上三島の黒島沖(Fig. 1), 水深 300–400 m からクダヒゲエビ類(たかえび) を対象とした底曳網漁によって,18 科 23 種の底 生魚類が採集された.このうち,ギンザメ科のア カギンザメ Hydrolagus mitsukurii (Jordan and Snyder, 1904) は東アジア周辺海域に分布し,日本では本 州沿岸と東シナ海から知られ,東シナ海において は沖縄舟状海盆および九州西部の大陸棚斜面域か ら記録されていた(中坊ほか,2013).鹿児島県 において,本種は小沢(1983)により枕崎沖から 報告されているものの,その標本は現存していな い.また,鹿児島県の軟骨魚類相を網羅的に調査 した山下ほか(2012)は本種を記録していない. そこで,分布情報の蓄積を目的として,黒島沖か ら得られた底生魚類を報告するとともに,アカギ ンザメを標本に基づく鹿児島県からの初記録とし て,詳細に記載し報告する.

鹿児島県黒島沖の大陸斜面域から得られた底生魚類および ギンザメ科アカギンザメ Hydrolagus mitsukurii の記録(福井美乃・松沼瑞樹・本村浩之)