サバ科サワラ属(Scombridae: Scomberomorus) は世界で 18 種が有効種として認められており (Collette and Nauen, 1983),そのうち,日本から はヨコシマサワラ S. commerson (Lacepède, 1800), タ イ ワ ン サ ワ ラ S. guttatus (Bloch and Schneider, 1801),ヒラサワラ S. koreanus (Kishinouye, 1915), サワラ S. niphonius (Cuvier, 1831),ウシサワラ S. sinensis (Lacepède, 1800) の 5 種が知られている(中 坊・土居内,2013). 2015 年 1 月 19 日に鹿児島県日置市東市来町沖 で 1 個体のヒラサワラが採集された.この標本は 鹿児島県における本種の標本に基づく初めての記 録となるとともに,日本沿岸における 2 番目の記 録になるため,ここに報告する.

サバ科魚類ヒラサワラ Scomberomorus koreanus の 日本沿岸からの 2 番目の記録(畑晴陵・岩坪洸樹・本村浩之)