2006 年 7 月から 2014 年 10 月にかけて,鹿児 島 県 の 薩 摩 半 島 と 大 隅 半 島 か ら Parupeneus biaculeatus (Richardson, 1846) と同定されるヒメジ 科 ウ ミ ヒ ゴ イ 属 魚 類 22 個 体( 標 準 体 長 79.9– 322.3 mm)が採集された.本種はこれまでにイ ンドネシアのスンバ島沖,ベトナム,および中国 南シナ海沿岸から記録されていた(Randall and Lim, 2001; Randall, 2004).池田・中坊(2015)は 本種を和歌山県南部(みなべ)から報告し,同時 に新標準和名ミナベヒメジを提唱した.鹿児島県 本 土 か ら 得 ら れ た 標 本 は ミ ナ ベ ヒ メ ジ P. biaculeatus の日本における 2 例目の記録である. 本研究ではミナベヒメジの鹿児島県における分布 状況を報告し,標本に基づく形態の記載を行った. また,ミナベヒメジはホウライヒメジ Parupeneus ciliatus (Lacepède, 1802) に形態と色彩が酷似する ため,両種の比較を行った.

鹿児島県初記録のヒメジ科魚類ミナベヒメジ Parupeneus biaculeatus およびホウライヒメジ Parupeneus ciliatus との形態学的比較(田代郷国・本村浩之)