フエダイ科 Lutjanidae は日本近海において,こ れまで 12 属 51 種が記録されており,キビレフエ ダ イ 属 Lipocheilus は キ ビ レ フ エ ダ イ L. carnolabrum (Chan, 1970) の 1 種のみで構成されて いる(島田,2013).キビレフエダイはインド・ 西太平洋に広く分布し(Allen, 1985),東アジア では南日本,東シナ海中部,台湾南部,および東 沙群島から記録されている(島田,2013).国内 では,標本に基づき沖縄県宮古島近海(Yoshino and Sata, 1981) と 東 シ ナ 海 南 部( 堀 川 ほ か, 2000)からのみ報告されている. 2012 年 12 月 25 日に奄美大島,2014 年 6 月 3 日に宇治群島,2015 年 3 月 19 日大隅諸島口永良 部島にて,キビレフエダイが各 1 個体採集された. これらは鹿児島県におけるキビレフエダイの標本 に基づく初めての記録であるため,ここに記載し, 報告する. 材料と方法 標本の計数・計測は Chan (1970) にしたがった. 計測はデジタルノギスを用いて 0.1 mm 単位まで 行い,計測値は体長と頭長に対する百分率で示し た.標準体長(standard length)は体長(SL),頭 長(Head length)は(HL)と表記した.生鮮時 の 色 彩 の 記 載 は,KAUM–I. 52076, 61658, 70642 の生鮮時のカラー写真に基づく.比較で用いた計 数・計測値は Chan (1970) に基づく.標本の作製, 登録,撮影,固定方法は本村(2009)に準拠した. 本報告で用いた標本は,鹿児島大学総合研究博物 館(KAUM: Kagoshima University Museum) に 保 管されており,上記の生鮮時の写真は同館の画像 データベースに登録されている.

フエダイ科魚類キビレフエダイ Lipocheilus carnolabrum の 標本に基づく鹿児島県島嶼域からの記録(ジョンビョル・Rangsiwut Keawsang・本村浩之)