2014 年 12 月 27 日に鹿児島県屋久島永田沖か ら Halicampus spinirostris (Dawson and Allen, 1981) と同定されるヨウジウオ科 Syngnathidae ウミヤッ コ属魚類 1 個体が採集された.本種は東インド洋 と西太平洋から散発的に記録されている(Dawson, 1985; Randall, 2005).日本からは近年,松沼ほか (2013)によって鹿児島県与論島と沖縄県慶留間 島から得られた 2 標本および石垣島で撮影された 生態写真に基づき日本初記録として報告され,同 時に新標準和名ヒメトゲウミヤッコが提唱され た.これら 2 標本はいずれも H. spinirostris の特 徴である頭部の棘や隆起線の状態が一部未発達な 未成魚であった(松沼ほか,2013). 屋久島産の標本は日本におけるヒメトゲウミ ヤッコの 2 例目(3 個体目)の記録であるとともに, 本種の分布北限を更新する.さらに,本標本は頭 部の棘がひじょうによく発達していることから成 魚と判断され,日本における H. spinirostris の成 魚のはじめての記録となるためここに報告する. 材料と方法 計 数・ 計 測 方 法 は Dawson and Allen(1981), Dawson(1985) お よ び Allen and Kuiter(2004) に従った.体各部の名称は荒賀(1988)に従った. 計測はデジタルノギスを用いて 0.1 mm の精度で 行った.標準体長は体長または SL で表記した. 標本の作製,登録,撮影,固定方法は本村(2009) に準拠した.本報告に用いた標本は鹿児島大学総 合 研 究 博 物 館(KAUM: Kagoshima University Museum)に保管されている.体色の記載に用い た生鮮時のカラー写真は同館の画像データベース に登録されている.

屋久島から得られたヨウジウオ科魚類ヒメトゲウミヤッコ Halicampus spinirostris の記録(田代郷国・本村浩之)