ニシン科魚類 Clupeidae は世界で 57 属約 188 種 が知られており(Nelson, 2006),日本近海には 11 属 17 種が分布する(青沼・柳下,2013).ヤマト ミズン属 Amblygaster は世界から 3 種が有効種と して認められており(Whitehead, 1985),日本に はそのうちヤマトミズンA.leiogaster (Valenciennes, 1847) とホシヤマトミズン A. sirm (Walbaum, 1792) の 2 種が知られている(青沼・柳下,2013). Kishinouye (1908) は Clupea okinawensis を「 や まとみづん」の和名を付して琉球列島から記載報 告したが,この学名は現在 Amblygaster leiogaster (Valenciennes, 1847) の 新 参 異 名 と さ れ て い る (Wongratana, 1980; Whitehead, 1985; Monroe et al., 1999).その後,吉野(1984)は琉球列島から得 られた体長 15 cm の標本に基づき本種の記載を行 い,鈴木ほか(2000)は兵庫県浜坂町から本種 2 個体(OMNH-P 8286, 12729)を報告し,畑(2014) は与論島から本種 1 個体(KAUM–I. 55088,体長 53.9 mm) を 報 告 し た. ま た Machida and Kuromachi (2003) は,沖縄県名護市および石垣島 から得られた本種に寄生していた二生吸虫類 5 種 の記載を行ったほか,石森ほか(2013)は本種を 沖縄島,慶良間諸島,石垣島から報告するととも にホシヤマトミズンとの比較,マンマルウオノエ Ryukyua globosa の寄生状況を報告した.

鹿児島県から得られたニシン科ヤマトミズン Amblygaster leiogaster の記録(畑晴陵・伊東正英・本村浩之)