鹿児島のシンボル桜島は,海上景観の美しさに 加え噴煙を上げる光景は観光客には喜ばれてい る.しかし,桜島をはじめ,その周囲に居住する 人や農業・観光業などを営む人々には,桜島火山 南岳火口から放出される火山噴出物の一つである 降下火山灰(以下,火山灰と略記する)は厄介も のの一つである.特に,火山灰や火山ガスなどに よる桜島及びその周辺の農業・運輸業・水産業な どの被害が報告されている. 一般に,火山活動は短期間に終息することが多 いので自然災害として取り扱われるケースが多 い.桜島火山南岳は,1955 年(昭和 30 年)10 月 に活動を開始して以来,途中多少の休止期間を挟 んでいるが,60 年近くに渡って断続的に活発な 火山活動を継続している.この間に放出された火 山噴出物の総量は 2 × 10 8 トンのオーダーに達し たものと推定されている(鎌田・坂元,1974, 1975a–b).このような活発な火山活動が長期間に 渡って継続すると,その産物である火山噴出物(噴 石,火山灰,火山ガスなど)が環境にさまざま影 響を及ぼすことが考えられている. 桜島火山南岳火口から放出された火山灰の主成 分は,ケイ素(25–30%),アルミニウム(7–9%) などの元素,火山ガス成分のフッ素,塩素などの ハロゲン元素や硫黄などの他に,銅,亜鉛,鉛, カドミウム,水銀などの徴量重金属元素が含まれ ている(坂元・鎌田,1974;島田ほか,1980;石 川ほか,1981;鹿児島県,1981). 桜島火山は,大正の大噴火(1914 年),昭和の 大噴火(1946 年)で,多量の溶岩が流出した. その火山噴出物による災害は,周囲数十 km に及 んだ.

桜島火山灰の水溶性成分変化と火山活動(坂元隼雄)