霧島市隼人町の沖に浮かぶ隼人三島は,霧島 錦江湾国立公園の設置に伴い「神造島」として平 成 24(2012)年 3 月 16 日に第 2 種特別地域およ び海域公園地区に指定された(霧島錦江湾国立公 園基礎情報,環境省).隼人に近い方から辺田小島, 弁天島,沖小島の 3 つの島をあわせて神造島とよ ぶ(図 1). 90,000–95,000 年前の姶良福山テフラや 50,000– 70,000 年前の姶良岩戸テフラなどの噴出物に関連 した噴火により,神造島を形成する流紋岩は噴出 した可能性が高いといわれている(町田・森脇, 2001).その後約 29,000 年前に姶良カルデラが形 成され(稲永ら,2006),続いて 20,000–15,000 年 前にかけて海抜が現在より 110 m 低下した.これ により当時鹿児島湾奧は陸地あるいは湖の状態に なったと思われる.その後 7,000 年前に現在の海 水面になった後,約 5,000 年前までには縄文海進 により 3–5 m ほど水位が上昇した時期があったと 思われる.辺田小島の海成段丘には下部にサンゴ の化石が残り,この縄文海進を証拠づけている(以 上大木,1999).神造島はこのような影響を受け てきた場所であり,現在生息している生きものの 歴史は 29,000 年よりも短いと想定される.

2012 年 8 月霧島市神造島(辺田小島・弁天島)の昆虫調査 (金井賢一・福元正範・榊俊輔・東哲治・藤崎琢郎・竹浩一・南田いずみ)