アリ類調査の一環で三島村臥蛇島に渡る機会 を 2 度得ることができたので,その時のことを記 す. 臥蛇島は南西諸島トカラ列島の北部に位置し, 長径約 3 km,短径 2 km の火山島で,島の周囲は 断崖絶壁に覆われ起伏が激しく平坦地が少ない地 形をもつ.40 年前の 1970 年 7 月に最後の住民が 島を離れて以来,無人島になっている. この島は鹿児島大学理学部南西島弧地震火山 観測所の観測点となっており,地震計のメンテナ ンスのための渡島を機に「臥蛇島調査団」として 結成されたメンバーの一員となることとなった. 同行のメンバーには村落の見取り図を携えた学生 さん,火山学,地震学専門の面々がおられた. なお,この島に渡る際には十島村役場への「入 島届け」,昆虫の採取に関しては「昆虫採取及び 捕獲に関する協議書」の届けが必要となる.

フィールドに行こう — 臥蛇島渡島に想う —(福元しげ子)