ネ ズ ッ ポ 科(Callionymidae) は 世 界 で 20 属 183 種,日本国内からは 14 属 34 有効種および 1 未記載種が知られている(Nakabo, 1982;中坊, 2000;Fricke, 2002;Motomura and Mukai, 2006: 岡 村,2009). こ の う ち, コ ウ ワ ン テ グ リ 属 (Neosynchiropus) は, ヤ マ ド リ Neosynchiropus ijimai (Jordan and Thompson, 1914),セソコテグリ N. morrisoni (Schultz, 1960), ミ ヤ ケ テ グ リ N. moyeri (Zaiser and Fricke, 1985),コウワンテグリ N. ocellatus (Pallas, 1770) の 4 有効種,およびアカオ ビコテグリ Neosynchiropus sp. の 1 未記載種が日 本から知られている(中坊,2000;岡村,2009). Neosynchiropus moyeri は Zaiser and Fricke (1985) により,伊豆諸島三宅島から採集された 24 標本 (標準体長 22.0–60.8 mm)に基づいて Synchiropus moyeri として記載され,同時に標準和名ミヤケテ グリが提唱された.日本国内において,本種はこ れまでに伊豆諸島,高知県柏島,沖縄諸島,およ び八重山諸島から報告されている(Zaiser and Fricke, 1985;平田ほか,1996;中坊,2000;岡村, 2009). 2009 年 10 月 4 日に鹿児島県南さつま市坊津町 丸木浜から,ミヤケテグリと同定される 1 個体が 採集された.これまで鹿児島県から本種は記録さ れていないため,鹿児島県から得られたミヤケテ グリを記載し報告する.また,鹿児島大学総合研 究博物館(KAUM)に所蔵されている鹿児島県 産のネズッポ科魚類標本をあわせて報告する.

鹿児島県から得られたミヤケテグリNeosynchiropus moyeri(ネズッポ科:コウワンテグリ属)および標本に基づく鹿児島県のネズッポ科魚類相(岩坪洸樹・本村浩之)