鹿児島県の離島を除く本土産ムヨウラン属植 物には,ウスギムヨウラン Lecanorchis kiusiana Tuyama,ムヨウラン Lecanorchis japonica Blume, クロムヨウラン Lecanorchis nigricans Honda の 3 種の報告がある(初島,2004).3 種の生育地は 限られていて,ムヨウランは霧島山と稲尾岳,ク ロムヨウランは稲尾岳,ウスギムヨウランは大口 である(初島,2004).生育地が少ない原因として, 花は小形で花期が短いことや,茎が落葉の色に似 て気づきにくいことなどが考えられる.また,図 鑑等の記述がまちまちであるのも一因と考えられ る.例えば,クロムヨウランの記述を見ると,村 田(1979)は 6 月頃咲き唇弁は分裂しない,里見 (1982)は 6 月から 7 月に咲き 3 裂する,橋本(1990) は 7 月中旬から 9 月中旬に咲き 3 裂しないとして いる.また,橋本(1990)は,唇弁が 3 裂するム ヨウラン類をムヨウラン節(Sect. Lecanorchis), 唇弁が 3 裂しないムヨウラン類をクロムヨウラン 節(Sect. Nigricantes)としている. 本報告では鹿児島県本土に産するムヨウラン 属植物 3 種の花の形態,生育環境,分布等につい ての調査の結果を述べるものである.なお,学名, 和名の取り扱いは芹沢(2005)に従った.

鹿児島県本土産ムヨウラン属(Lecanorchis Blume)植物の記録(丸野勝敏)