ホ ウ キ ハ タ Epinephelus morrhua (Valenciennes, 1833) と カ ケ ハ シ ハ タ Epinephelus radiatus (Day, 1868) は,ともにインド・太平洋に広く分布するハ タ科魚類である(Randall and Heemstra, 1991; Heem- stra and Randall, 1993, 1999;瀬能,2013).これら 2 種を含むハタ科魚類各種の分属に関しては見解が 統一されておらず,分子系統解析に基づくハタ科 魚類各種の帰属の再検討をおこなった Craig and Hastings (2007) と Ma and Craig (2018) は,ホウキハ タとカケハシハタの 2 種を含むハタ科魚類 12 種を Mycteroperca に含めるとした.しかし,上記の研究 は分子系統解析にのみ基づいており,Mycteroperca を支持する形態形質が見いだされていないことか ら,現在のところ,上記 12 種はいずれも Epine- phelus に帰属されることが一般的である(Parenti and Randall, 2020). これら 2 種は南日本広域から記録されており, 琉球列島においても散発的に記録されていたが(瀬 能,2013),トカラ列島からの記録はなかった. 2015 年 7 月 10 日,トカラ列島口之島北方において 漁獲されたホウキハタとカケハシハタが 1 個体ず つ鹿児島市中央卸売市場魚類市場に水揚げされた. これらは 2 種のトカラ列島における標本に基づく 初めての記録となるため,ここに報告する.

トカラ列島初記録のホウキハタとカケハシハタ (スズキ目ハタ科)(畑晴陵・本村浩之)