ヒゲワラスボ Trypauchenopsis intermedia Vols, 1903 は体が無鱗で細長い,背鰭が 1 基で基底が長い, 背鰭と臀鰭の鰭膜が尾鰭と連続する,頭部全体に ひ げ を も つ な ど の 特 徴 を も ち(Shibukawa and Murdy, 2012;明仁ほか,2013),一種でヒゲワラ ス ボ 属 Trypauchenopsis Volz, 1903 を 構 成 す る (Shibukawa and Murdy, 2012).本種は環境省レッ ドリストでは絶滅危惧 II 類(環境省,2020),鹿 児島県では準絶滅危惧種(米沢・四宮,2016)に 指定されている希少なハゼ科魚類である. 2019 年 9 月に種子島南種子町大浦川下流域に て 3 個体のヒゲワラスボが採集された.これら標 本は種子島におけるヒゲワラスボの標本に基づく 初めて記録となり,本種の分布情報の蓄積は,保 護対策の検討などに際して有益と考えられるた め,ここに報告する.

種子島初記録の準絶滅危惧ハゼ科魚類ヒゲワラスボ(古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)