近年,鹿児島県薩摩半島沿岸から鹿児島県本土 初記録または九州沿岸初記録となる魚類が次々と 報告されており(例えば森下・本村 2019;萬代ほ か,2019;上城ほか,2019;藤原・本村,2019; 藤原ほか,2019;古𣘺ほか, 2019),薩摩半島に 生息する魚類についての情報は急速に蓄積されて いる.特に黒潮の影響を強く受ける薩摩半島南・ 西岸からは様々な魚類の分布の北限を更新する記 録も報告されており(中村ほか,2019;畑ほか, 2019;和田ほか,2019;古𣘺・本村, 2019),海 水魚における黒潮による生物輸送や分布境界につ いて考察する際に重要な海域であるといえる. 2019 年 9 月から 2020 年 1 月にかけて鹿児島県 薩摩半島南岸から 4 種の海産魚類が採集され,そ れ ぞ れ ホ シ キ カ イ ウ ツ ボ Uropterygius sp. sensu Hatooka, 2000,ホシエビス Sargocentron punctatissi- mum (Cuvier, 1829),カエルウオモドキ Istiblennius dussumieri (Valenciennes, 1836),およびミナミウシ ノシタ Pardachirus pavoninus (Lacepède, 1802) に同 定された.これらは鹿児島県本土における魚類相 を扱った研究(例えば岩坪ほか,2016;岩坪・本村, 2017;小枝ほか,2018)においても記録されてお らず,鹿児島県本土における初めての記録(ホシ キカイウツボは九州沿岸初)となるためここに報 告する.

鹿児島県薩摩半島南岸から得られた魚類 4 種の記録(古𣘺龍星・是枝伶旺・本村浩之)