ベニマトウダイ科ベニマトウダイ属 Parazen Kamohara, 1935 は全世界からベニマトウダイ Para- zen pacificus Kamohara, 1935 のみが知られており (Fricke et al., 2020),深海性魚類において唯一口腔 内 で 卵 塊 を 保 育 す る 生 態 を も つ(Singer et al., 2020).本種は西大西洋,インド・西太平洋,お よび中央太平洋の温帯から熱帯の深海域に広く分 布 し(Heemstra, 2000, 2003;Hutchins, 2001; Moore et al., 2003;中坊・甲斐,2013),国内では 黒潮流域にあたる房総半島東岸から九州南岸にか けての太平洋沿岸,薩摩半島南西沖,屋久島を含 む琉球列島,東シナ海,および九州 ― パラオ海 嶺から記録されている(Ozawa, 1983;Shinohara et al., 2005;Motomura et al., 2010; 中 坊・ 甲 斐, 2013). 静岡県沖遠州灘で操業する底曳網漁業によって 4 個体(標準体長 80.3–128.7 mm)のベニマトウダ イが採集された.これらの標本は静岡県沖遠州灘 における標本に基づく初記録となる.また観察標 本において成長段階による体型と色彩の変化が認 められたため,併せて報告を行う.

遠州灘から得られたベニマトウダイの記録と 本種の成長変化に関する新知見(手良村知功・藤川大学・和田英敏)