鹿児島県に分布する軟体動物(貝類)の総種 数は,非常におおざっぱな概算でも 4,000 種を超 えると言われており(行田,2003),陸産・淡水 汽水産の軟体動物に限っても,少なくとも 1,000 種以上の種が生息していると推定される.(鹿児 島県環境生活部環境保護課,2003)しかし淡水域 や汽水域の調査が十分でないこともあって,どれ だけの種数の陸産・淡水汽水産貝類が鹿児島県に 分布しているのかその実態は不明な部分が多い. 鹿児島湾内の河口・干潟における巻貝相の研究は これまで行われてきたが,鹿児島湾外の河口・干 潟における巻貝相の研究は行われてこなかった. そのため本研究では鹿児島湾内と鹿児島湾外の巻 貝相の一端を明らかにするために分布の生息状況 調査を行った.さらに今回の調査により,多くの 調査地から生息が確認された種に関してはその生 息状況を詳しく記載した.特にウミニナ,フトヘ ナタリについては干潟の標徴種であることから種 の生息状況を地図上にプロットした.さらにウミ ニナ(Batillaria multiformis)に関しては殻高と殻 幅を測定し,鹿児島湾内の個体と鹿児島湾外の個 体で殻の殻高と殻幅の比率にどのような違いがあ るか多重比較検定(Shceffe 法)により殻の比較 を行った.これにより,本研究では鹿児島湾内と 鹿児島湾外における巻貝の分布状況の一端を明ら かにするとともに,ウミニナの形態に関して,鹿 児島湾内と外洋に面した鹿児島湾外で差があるの かどうか検討した.調査地の選定は「鹿児島県の 絶滅のおそれのある野生動植物 鹿児島県レッド データブック」(鹿児島県環境生活部環境保護課, 2003)において鹿児島県の重要な干潟として記載 されている河口域,海岸を参考にした.調査では 2010 年 3 月から 11 月にかけて大潮の干潮時刻に 採集を行った.調査方法は調査地の干潟,河口域, 海岸にて見つけ取りで,なるべく多くの種の巻貝 を採集するようにした.形態比較を行うウミニナ に関してはなるべく個体数が多くなるように採集 した.採集した個体は研究室内に持ち帰り,同定 を行った.ウミニナに関してはノギスを用いて殻 高と殻幅を 0.1 mm まで計測し,記録した.その 結果,鹿児島湾内外合わせて 4 目 10 科 19 種が採 集された.そして河川毎の種の生息状況から,ヘ ナタリ,カワアイなどの比較的環境劣化に弱いと されている種の生息地は減少してきていることが 分かった.鹿児島湾内外においてウミニナの生息 を広く確認することはできたが,それに比べてフ トヘナタリの生息地は少なかった.フトヘナタリ はウミニナに比べて環境の劣化への耐性が弱いこ とからフトヘナタリの生息地を失わせるほど汽水 環境が悪化している可能性がある.

鹿児島県内のウミニナ類の分布と形態比較(佐藤海・冨山清升)