新観音ヶ池は鹿児島県いちき串木野市港町の 「観音ヶ池市民の森」の中に位置し,大里川水系 重信川下流域の農業用水を確保するために 1960 年に築造されたため池である(平,2015).新観音ヶ 池の上流に位置する観音ヶ池では 2016 年と 2018 年に池の水抜きに伴う魚類相調査が行われたが (荻野ほか,2018),新観音ヶ池においてはこれま でに魚類に関する調査が行われたことはなかっ た. 2019 年 10 月 18 日に鹿児島地域振興局農林水 産部農村整備課所管の「農村地域防災減災事業」 による斜樋・底樋改修工事にともない,新観音ヶ 池の水抜きが実施された.ため池の魚類相の把握 や今後の外来魚の影響をモニタリングするため に,外来魚の駆除と在来種の保護を行なった.そ の結果,標本に基づき 4 科 6 属 7 種の魚類が確認 された.本報告では,これらの新観音ヶ池から確 認された魚類を報告する.

鹿児島県いちき串木野市新観音ヶ池の 水抜き調査によって得られた魚類相の把握と在来種の保護(伊藤大介・平瑞樹・Sirikanya Chungthanawong・Kunto Wibowo・ 上城拓也・中村潤平・Roxanne A. Cabebe・荒木萌里・岡本情・ 渋谷駿太・堀内大敬・出羽優凪・本村浩之)