ハゼ科ミミズハゼ属 Luciogobius の 1 種である イドミミズハゼ Luciogobius pallidus Regan, 1940 は,河川感潮域や地下水の流れ出る海岸の砂礫間 や転石下などの生息場所から採集されており(吉 田・道津,2006;渋川,2019),本属魚類の中で も伏流水の存在する特異な環境に生息する.本種 は 水 質 汚 濁 と 河 床 機 能 の 変 化 に 弱 く( 遠 藤, 2018),環境省レッドリスト 2019 では準絶滅危惧 (環境省,2019),鹿児島県では絶滅危惧 1A 類(米 沢・四宮,2016)に指定される希少なハゼ科魚類 である. 2019 年 4 月に鹿児島湾奥部にある湧水が豊富 な河口干潟の転石下から 1 個体のイドミミズハゼ が採集された.鹿児島県におけるイドミミズハゼ の記録は東シナ海側の川内川と奄美大島からのも のに限られ(米沢・四宮,2016),鹿児島湾にお ける記録はない.この個体はイドミミズハゼの鹿 児島湾における初記録であり,本種の分布情報の 蓄積は,保護対策の検討などに際して有益である ためここに報告する.

絶滅危惧魚類イドミミズハゼの鹿児島湾からの初めての記録(是枝伶旺・久木田直斗・本村浩之)