テングハギ属(Naso Lacepède, 1801)は尾柄側 面に不可動の骨質板を 1–2 個もつニザダイ科魚類 で,インド・太平洋域から 20 有効種が認められ (Randall, 2001, 2002; Johnson, 2002; Ho et al., 2011),このうち日本では 15 種が知られている(島 田,2013;瀬能ほか,2013;松沼・本村,2013). マ サ カ リ テ ン グ ハ ギ(Naso mcdadei Johnson, 2002)は香港をタイプ産地とし,国内では伊豆半 島東岸の相模湾および薩摩半島南西部の東シナ海 から得られたそれぞれ 1 標本にもとづく 2 個体の みが知られている(瀬能ほか,2013).2017 年 12 月 8 日に三重県尾鷲湾から 1 個体のマサカリテン グハギが得られた.本標本は日本から得られたマ サカリテングハギの 3 個体目の標本であるととも に三重県で初記録であるため,ここに報告する.

三重県尾鷲湾から得られたマサカリテングハギの 三重県初記録および日本における 3 個体目の記録(髙橋夢加・木村清志)