トリカジカ科マルカワカジカ属 Marukawichthys Sakamoto, 1931 は前鰓蓋棘が 5 本,胸鰭下部の遊 離軟条が 4 本 ,腹鰭が 1 棘 4 軟条であることな ど の 形 態 的 特 徴 を も ち(Sakamoto, 1931; Yabe, 1983),マルカワカジカ Marukawichthys ambulator Sakamoto, 1931 と テ ン グ カ ジ カ Marukawichthys pacificus Yabe, 1983 の 2 有効種が知られている (Sakamoto, 1931; Yabe, 1983; Fricke et al., 2019). 鹿児島県における魚類相調査の過程で,薩摩 半島南西沖から 2 個体のマルカワカジカの標本が 得られた.本種はこれまでに青森県鯵ヶ沢から 京都舞鶴にかけての日本海沿岸,青森県八戸から 土佐湾にかけての太平洋沿岸,長崎県南西沖およ び宇治群島から記録されている(Yabe, 1983;古 橋ほか,2010;中坊・甲斐,2013; Shinohara et al., 2014; Motomura et al., 2015).東シナ海からの記録 は長崎県南西沖と宇治群島の 2 例に限られること から(古橋ほか,2010; Motomura et al., 2015),こ れらの標本はマルカワカジカの東シナ海における 3 例目の記録となるため,ここに報告する.

薩摩半島南西沖から得られた東シナ海 3 例目のマルカワカジカ(和田英敏・伊東正英・本村浩之)