2018(平成 30)年 8 月 27 日に,薩摩川内市入 来町浦之名にある鹿児島大学名誉教授の藤田晋輔 氏の住宅が薩摩川内市の指定有形文化財「藤田家 住宅 主屋 附属屋 附 氏神 石垣 石門」として登録さ れた.「藤田家住宅」の棟札等の建てた時期の資料 はないが,梁に残る鱗のような手斧の跡などから, 18 世紀初頭から 19 世紀初頭にかけて建てられた と考えられている. 今回,藤田家住宅敷地内の氏神,石垣,石門の 石材も含めて,藤田家住宅周辺の地形地質につい てまとめることができた.発表にあたり,鹿児島 大学の藤田晋輔名誉教授には,現地調査も含め, 藤田家住宅の貴重な歴史資料についてご教授いた だいた.また,「藤田家住宅の保存と活用を考える 会」の会長である鹿児島大学の土田充義名誉教授 には,多くのご援助をいただいた.心よりお礼を 申し上げる.

薩摩川内市指定有形文化財 「藤田家住宅」 周辺地域の地形 ・ 地質(大木公彦)