ウツボ科タカマユウツボ属 Anarchias Jordan and Starks, 1906 は,背鰭と臀鰭が尾端部に限られる, 眼上管の開口部が後鼻孔と隣接するなどの形質に よって特徴づけられ(Böhlke et al., 1999;波戸岡, 2013),これまでに 10 有効種が知られている (Smith, 2012).このうち日本からはタカマユウツ ボ Anarchias seychellensis Smith, 1962 のみが知ら れており(波戸岡,1984, 2013),本種はこれまで に日本国内において千葉県,伊豆半島,和歌山県, 小笠原諸島,および種子島からのみ記録されてい た(波戸岡,2013;小枝・本村,2017). 鹿児島県の薩摩半島西岸における魚類相調査 の過程で,南さつま市笠沙沖から 3 個体のタカマ ユウツボが採集された.これらの標本はタカマユ ウツボの九州沿岸における初めての記録となるた め,ここに報告する.

鹿児島県薩摩半島西岸から得られた 九州沿岸初記録のタカマユウツボ(荒木萌里・日比野友亮・本村浩之)