ヒイラギ科魚類 Leiognathidae は筒状に突出す る口をもつことが特徴で(Woodland et al., 2001), 日本近海から 15 種が知られている(瀬能,2013; Miki et al., 2017).宮崎県から大隅半島東岸にか けての九州東岸においては,南日本に広く分布す るオキヒイラギ Equulites rivulatus (Temminck and Schlegel, 1845) や ヒ イ ラ ギ Nuchequula nuchalis (Temminck and Schlegel, 1845) が多獲され,食用 となるほか,琉球列島において普通種とされるタ イ ワ ン ヒ イ ラ ギ Eubleekeria splendens (Cuvier, 1829) や コ バ ン ヒ イ ラ ギ Gazza minuta (Bloch, 1795),ネッタイヒイラギ Photopectoralis bindus (Valenciennes, 1835) なども散発的に得られ,さら には日本国内の他地域からの記録がほとんどない ホ ソ ウ ケ グ チ ヒ イ ラ ギ Deveximentum indicum (Monkolprasit, 1973) やカドガワウケグチヒイラギ Deveximentum interruptum (Valenciennes, 1839) が記 録されるなど,独特かつ,多様性の高いヒイラギ 科魚類相を形成することが知られる(藤原・本村, 2016; Miki et al., 2017;畑,2018;三木,2019). 内之浦湾の魚類相調査の過程で,2018 年 12 月 5 日,1 個 体 の キ ビ レ ヒ イ ラ ギ Photopectoralis aureus (Abe and Haneda, 1972) が得られた.本種は これまで日本国内において鹿児島県薩摩半島西岸 と沖縄島からのみ記録されており(木村ほか, 2006;瀬能,2013;藤原・本村,2016),内之浦 湾産の標本は本種の九州太平洋沿岸における初め ての記録となると同時に,日本国内における 3 例 目の記録となるため,ここに報告する.

大隅半島東岸の内之浦湾から得られた キビレヒイラギ (スズキ目 : ヒイラギ科)(畑晴陵・本村浩之)